未分類

脂肪冷却ゼルティックの副作用で…

こんにちは。
体験したエステは30件以上!
アラサー3人目を妊娠中のまるりんです。

 

今日は脂肪冷却の副作用・危険性についての記事を見つけたのでご紹介します。

まるりん
まるりん
美容外科や医療エステでも取り入れられている脂肪冷却。日本でも有名な痩身エステの施術のひとつですよね。

脂肪冷却の広告は「1回でこんなに変わった!」という効果を写真付きで紹介していたりします。

クリニックで施術されることも多いので論理的に痩せる原理が書いてあったり、私たち消費者は効果を盲信してしまいがちです。

まるりん
まるりん
痩せたい!と思ってるからなおさら、効果にばかり目が行っちゃうよね…

しかし、裏に副作用の可能性があることも知っておくべきです。

脂肪冷却ゼルティックの副作用に苦しむスーパーモデル

海外スーパーモデルにリンダ・エヴァンジェリスタさんは5年以上ゼルティックCoolScuplting(脂肪冷却術。CoolSculptingはゼルティックの登録商標)の副作用に苦しめられています。

 

その記事がこちら①

Yahooニュース

 

 

スーパーモデルとして活躍した彼女。
しかしある時期から表舞台から姿を消します。
その理由が脂肪冷却術の失敗だというのです。

リンダ曰く「5年以上苦しみ、秘密にしてきた間違いを正すために私は今日大きな一歩を踏み出した。私の仲間たちが活躍しているのに、なぜ私は仕事をしていないのか不思議に思っているフォロワーのみなさんへ。その理由はゼルティックのCoolScuplting(脂肪冷却術。CoolSculptingはゼルティックの登録商標)によって外見を残酷なまでに醜く変えられてしまったから。施術が約束している結果とはまったく逆のものだった」。

脂肪冷却ゼルディックの具体的な副作用とは

脂肪細胞は減らずに増えてしまった。

 

脂肪細胞が小さくならずに大きくなる、非常に珍しいPAH(Paradoxical Adipose Hyperplasia(脂肪の異常な過形成の意味))という症状を発症。

 

結果、”誰だかわからない”状態になってしまったようです。

 

まるりん
まるりん
美しくなるために受けたのに…この副作用は怖すぎです。

 

リンダはこのような症状が起きるリスクを処置の前にゼルティックから知らされていなかったようで、インスタグラム投稿でゼルティックを提訴すると宣言しています。

 

この裁判で私は自分を恥ずかしく思う気持ちを捨て前に進みたい。そして私の物語を公表したい。こういう生活に疲れてしまった。自分らしい姿ではないけれど顔を上げて外に出ていきたい。

 

副作用よりも怖いこと

「PHA(脂肪の異常な過形成の意味)は私の人生を壊しただけではない。このせいで私は深刻な鬱と深い悲しみ、ひどい自己嫌悪というサイクルに陥った。その過程で私は引きこもった」。

 

外見が自分の理想とかけ離れてしまったら精神的にも苦しくなります。

 

まるりん
まるりん
脂肪冷却に限らずリスクを把握しておくことは大切ですね…

ゼルディックの脂肪冷却に成功した有名人も

クロエ・カーダシアン

クリスティーナ・アギレラ

彼女たちは脂肪冷却をして成功しています。

まるりん
まるりん
体質に合っていればいいのですが、実際受けてみないと分からないですからね…。危険性があることも認識しておきましょう!

まとめ

エステに行けば痩せられるかも!
〇〇を受ければ変われそう!

 

そんな期待を持って私たちは痩身エステを受けに行きます。

 

エステに行けばメリットばかりが主張され、副作用やデメリットの説明は少しで終わってしまったり。

 

まるりん
まるりん
こちらも《痩せたいフィルター》がかかってるから、良い結果・未来ばかり見てしまいがちです。

 

副作用が起きる人は僅かな人かもしれません。
しかしその危険性をしっかり認識した上で施術を受けるか考えましょう。

 

今回の記事が参考になれば幸いです。

まるりん
まるりん
私も気軽にエステをはしごしていましたが、マシンの安全性を考えるきっかけになりました。
ABOUT ME
まるりん
まるりん
10代から下半身太りに悩む。無理なダイエットを繰り返し、極度の冷え性に( ;∀;)アラサーになり体質改善も兼ねてエステのはしごで《脚やせ》することを決意!運動なしで52キロ→46キロ&部分やせに成功♥体験したエステの効果や口コミ、下半身痩せするまでの記録を書いています。